潜在看護師の復職を支援するためのシステムとは

看護師の復職を成功させるためには

看護師の復職を成功させるための情報をまとめています。結婚や出産などで看護師業界を退職し、ブランクが空いてしまったという人は多いでしょう。実際に、看護師資格を保有しているが看護師として働いていない「潜在看護師」の数は71万人いるといわれています。情報の更新速度が速い医療業界だからこそ、復職する際にブランクが気になってしまうことがあり、躊躇してしまいます。それに加えて、子育て中の場合は、子供の病気の際の対処や24時間保育園があるのか、夜勤や就労形態など、さまざまな条件が気になってしまいます。その中でも、理想の職場で働くためにはどのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。

ブランクの空いた看護師が復職するときに役立つ、復職に成功している人の勉強方法や医療業界の現状、これからの看護師のニーズや安心して復職できる人材紹介会社についてなどを紹介します。

看護師として復職に成功し入職後も充実して働き続けるためには

看護師として勤務していたが、結婚や出産を機に退職をしたという人は非常に多いです。それは、看護師が今の時代でも女性に人気のある仕事であるからゆえのことでしょう。しかし、一度看護師業界から退いてしまうことによって、ブランクや勤務形態がネックになってしまうため、実際に復職している人は少ないのです。その証拠に、現在では、有資格で未就労である潜在看護師の数は71万人以上と言われ、その中の8割程度(56万人以上)が復職を希望しているという状況です。

潜在看護師数と他割合の相関図

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

どのようにすれば、ブランクの空いた看護師でも安心して職場復帰ができるのか。それは、自分に自信を持つことです。必ず、自分の理想とする病院はありますし、ブランクを埋める方法もあるのです。自分には無理だと決めつけてしまうことで、復職への可能性を狭めてしまうのはよくありません。

例えば、

  • 「24時間保育ができる保育園なんて少ない」
  • 「ブランクの間に進んでしまった医療についていけるかわからない」
  • 「育児と看護師の仕事を両立できないかもしれない」
  • 「家族が夜勤に対して後ろ向きな考えで働きにくい」

という不安を抱えている場合は、次のような解決策があります。

それは、看護師専門の人材紹介会社を利用することです。例えばナース人材バンクなどの人材紹介会社は、希望条件に合わせた求人を探し出してくれますし、ブランクを埋めるための復職用の研修やセミナーの開催や紹介をしてくれます。

地方自治体や人材紹介会社が主催する研修やセミナーへ参加すると、進んでしまった医療についての知識を得ることのほか、同じように育児をしながら看護師として復職したい人に出会えたり、育児をしながら看護師をしている先輩に出会えたりと、仲間を見つけることが出来ます。

子育てへの不安や、復職後の待遇、ブランクについてがネックとなって復職に歯止めがかかっているのならば、セミナーや研修へ参加することで、心配事を共有できますし、相談相手も見つかります。

また、人材会社を利用することで、理想の職場を探し出すことができるので、思っているよりも早く看護師として再就職することが可能でしょう。自分に自信を持って、新しい職場を探してください。

看護師として復職することに、不安を感じている人は多いですが、上記のような対処方法がたくさんあります。ほかの記事にて、看護師として復職するために役立つ情報を詳しく掘り下げていますので、参考にしてみて下さい。

看護師の夜勤時間年次推移

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

潜在看護師の復職を強く希望している医療業界の現状

看護師や医師が不足している最近は、看護科のある大学や看護学校が増えている傾向にあります。そのおかげか、年々新卒採用者の人数が上昇しています。

看護師就業者数のグラフ

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

しかし、就業者数が増えているが、医療現場での看護師の役割が拡大していることから、依然として人数不足となっているのです。それは、看護師として働いているときにも感じていたことでしょう。

また、新卒採用者が増加傾向にあるのは事実なのですが、3年以上勤労している人の離職率が10%以上もあるという状態なのです。近年では男性看護師が増加傾向にあったり、新卒者が多くなったりしているおかげで、全体の人数は114万人になりましたが、キャリアとスキルのある人の離職率が高いため、人数が増えていても現場はうまく回っていきません。その証拠に、看護師の有効求人倍率は2.7倍もあるのです。

看護師の離職率年次推移

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

医療現場をスムーズに回転させるためには、実力がある人の力が必要です。実務経験のある潜在看護師が復帰してくれることは、病院側としてもありがたいことなのです。

そこで、ご存知の方も多いでしょうが、ナースセンターへの届け出制度(医療介護総合確保推進法)が制定されました。これは、退職時に離職者の住所や名前、勤務していた病院といった個人情報を全国のナースセンターへ届け出ることで、潜在看護師とナースセンターのつながりを設けるというものです。届け出を提出しておくことで、離職後もナースセンターから支援が受けられるので、潜在看護師は以前より格段に復職しやすい状態になるということです。

ナースセンターの看護師復職支援

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

全国の自治体は、即戦力となる潜在看護師の復職を強く望んでいます。また、先の話となりますが、2025年は団塊の世代の全てが後期高齢者になる年です。この年には、さらに実力のある潜在看護師の力が必要となります。現状でも人数が足りていないというのに、これから先はもっと看護師の人数が必要である。なんとも難しい状況にあるのです。そのためにも、厚生労働省や地方自治体は潜在看護師の復職しやすい環境を作るために、法律の整備や研修、セミナーなどを充実させるよう動いてきています。

潜在看護師の復職をサポートするために行われている研修やセミナーについては、他の記事で掘り下げて詳しく紹介していますので、潜在看護師で復職したいと思っている人は、よろしければ読んでみてくださいね。

看護師の復職をサポートする研修制度

潜在看護師が現場に復帰するには、第一に環境を整えることが大切です。その際に気になるのは、ブランクに関してです。ご家族の協力や理解を得て、保育園に子供を預けられる状況にあっても、肝心の仕事がうまくいかないかもしれないと不安に感じることがあるでしょう。

実際に、ブランクが空いてしまったことがネックになり、復職を躊躇してしまう潜在看護師の数は少なくないようです。そのような潜在看護師を復職へと導くために、地方自治体や大学病院ではセミナーや研修を主催しています。ナースセンターへの届け出制度や求人情報でも、研修やセミナーに関しての話を聞いたことがあるという人も多いと思います。

ナースセンターへの届け出制度は、看護師を退職する際に、勤務先の病院などの情報をナースセンターへ届け出ることで、復職のための研修やセミナーの案内を貰えるというものです。届け出制度が制定される以前に退職した人は、自身で人材紹介会社や病院のホームページ上で探すのが一般的です。特に、人材紹介会社の場合は、紹介者が仲介して研修やセミナーの情報収集をしてくれたり、面接の日程を組んでくれたりしますので、復職の際に便利です。

実際の研修やセミナーで行われているのは、医療現場で使われている最新機器の取り扱い説明などです。実際に現場で働いている先輩看護師が、バイタルサインや輸液ポンプの操作の基本操作や見方を教えてくれます。また、今までは医師が行ってきた静脈注射や診療の補助なども、現在では医師の指示によって行うことができるようになってきました。そのような作業に関しても教わることができます。

また、研修やセミナーは復職支援として行われているため、参加者全員が復職を希望している潜在看護師です。育児との両立についての不安や職場環境の情報交換など、似たような境遇の人と話し合う良い機会となるでしょう。似たような境遇の潜在看護師の意気込みや家事や育児とのバランスのとり方などは、聞くだけでも自身のモチベーションアップに繋がるでしょう。復職を望むのであれば、研修やセミナーに積極的に参加することをオススメします。

特定行為に関する看護師の研修制度 厚労省パンフレット

クリックすると別画面で拡大画像が開きます

看護師が復職をするのに適した時期とは

看護師として復職するのは、できる限り早い方がいいといわれています。それは、看護師業界、医療業界の情報更新度の速さにあります。業界で働いている潜在看護師ならば、誰もが経験していることですが、次から次へと新しい常識が生まれます。それをひとつひとつ飲み込んで仕事をしています。退職後にブランクがあることに不安を感じてしまうのはこのためです。

できる限り早い段階で復職することで、ブランクを最小限にすることが一番の方法です。ただ、誰もが退職してすぐに復職できるわけではありません。その場合は、可能な限りブランクを早く埋めるための工夫が必要です。

看護師として復職している先輩たちは、どのようにしてブランクを埋めていたのでしょう。多くの人は、看護師の届け出制度や大学病院、人材紹介会社などで紹介されている研修やセミナーです。求職中に変わってしまう可能性のあるもの、輸液ポンプの基本操作やバイタルサインの見方などさまざまなものを、実際に活躍している看護師や医師から教えてもらえます。また、復職する前に、自宅で看護学校時代の教科書や参考書を見て、基本的なことを思い出すことも大切です。産休や育休をとって看護師を求職している場合は、私生活で看護業界のことに意識が向かなくなります。その間に仕事をしていた間の知識が霞んでしまうことも考えられます。ブランクを埋めるため大切なのは、新しい決まりや情報を吸収するための土台作りが大切ということですね。

また、看護師として復職するのは早い方がいいという理由は、もうひとつあります。それは、医療業界の需要の変化です。

団塊の世代が退職し、介護が必要になると考えられている今後、病院での治療や診察よりも、在宅で行う訪問看護への需要が高まると考えられています。それに伴い、看護業界での常識が覆されるかもしれません。従来の看護師としての仕事の他に、訪問看護の場合は介護の領域にまで足を踏み入れることになるといわれています。そうなってしまうと、覚えなければならないことは山ほど出てきてしまうので、できる限り早い段階で復職するのがオススメです。

ブランクを埋めながら看護師として復職しやすい病院選びのポイント

復職する際に大切なことはたくさんあります。それは、ブランクを埋めることも当然ですが、再就職する勤務先の選び方です。

ブランクを埋めるためには、病院のホームページや人材紹介会社などで紹介される研修やセミナーを受けたり、看護学校時代の教科書や参考書を使用して基本的な知識を復習したりするのが有効です。医療業界は、日々新しい常識が生まれます。先に復職している先輩看護師は、ブランクが空いてしまった分の新しい知識は研修やセミナーで、今までの基本を思い出すには教科書や参考書を使って補うという人が多いようです。

病院選びについては、自分の条件に合ったものを探すのが重要です。言われなくても条件を指定して病院を探しているという人も、もちろんいるでしょう。しかし、実際は焦って復職をしたいがために、無意識に妥協している場合もあります。多少の我慢をしながらでも復職をしようと考えるのもいいでしょうが、それでは復職後の勤務形態に不満が出ることは確実です。

看護師として復職している先輩たちは、24時間体制の保育園が併設されている病院を選んだり、夜勤のない職場を選んだりしていることが多いです。また、育児をしながら仕事をしている看護師が多い病院は、子どもが病気で休まなければならない時に休みやすいでしょう。また、ブランクを埋めるのに有利な、研修やセミナーの充実している病院を選ぶのも一つの方法です。研修やセミナーで先輩看護師や医師、職場の環境を知ることができるので、復職後の職場への不安が少なくなります。

復職する際に、条件に合った病院選びをするのに役立つのは、人材紹介会社です。ナース人材バンクなどの大手人材紹介会社は、エリアごとに担当者がいます。地域密着型なので、各病院の職場情報を持っていますし、ブランクを埋めるために便利な研修やセミナーの日程、復職する際に不安に感じていることを相談することもできます。また、再就職したいと思える病院を見つけたとき、面接の日取りや練習などさまざまな面でサポートしてくれます。

看護師として復職するのは、人生で何度もあることではありません。数少ないことだからこそ、ブランクに関してや再就職先に不安を感じてしまいます。それらをうまく解消して、ブランクを埋め、活躍できる職場を見つけましょう。

潜在看護師を募集している病院求人の探し方

看護師の求人は、主にハローワークや求人誌などで行うことが多いでしょう。しかし、ブランクの空いた潜在看護師が再就職する場合は、少し訳が違います。新人看護師の就職率は高まっていますが、それに伴い3年未満に求職や退職してしまうことも増えています。それにより、ブランクが空いてしまうので、復職に対する不安が生まれてしまいます。

看護師として活躍していた人なら感じてきたことでしょうが、医療業界の常識は日々変わっていきます。看護師業界から離れている間に、今まで当然だと思っていた情報が覆されている可能性も考えられるので、できるだけブランクに関する不安を取り除いておくべきでしょう。

求人情報誌などで潜在看護師を募集している病院は、復職を望む人にブランクがあることを理解しています。そのため、そのブランクを埋めるために研修やセミナーを開催していることがあります。それは、求人で潜在看護師を募集している病院を見つける一番の方法ともいえるでしょう。ホームページを見てみたり、ナース人材バンクといった人材紹介会社に登録して情報を得たりするのがオススメです。また、地方自治体でも、研修やセミナーに関する情報を教えてくれます。

人材紹介会社の場合は、求人条件を選ぶことができます。登録時に様々な情報を入力します。どのような環境で働きたいのか、保育園は併設されている方が良いのか、勤務時間に希望はあるのか、夜勤や交代制についてなど、復職しやすい病院を探せるようになっています。うまく活用して、ブランクを埋めたり、よりよい環境で復職しましょう。

また、看護師として復職する道は一つだけではありません。病院勤務の看護師の他に、治験コーディネーターや在宅看護などに就職している先輩看護師も増えています。治験コーディネーターや在宅看護は、夜勤がないことや交代制でないことが多いので、育児中の看護師でも働きやすいメリットがあります。復職する際に、求人条件が合わないと感じる場合は、そういった道があるので、人材紹介会社の紹介者や相談員に話してみるのも良いでしょう。

看護師の復職を無料でサポートしてくれる人材紹介サービスについて

看護師の復職を助けてくれるサービスは多いです。例えば、現在は看護師免許を持っている人が退職する際に、ナースセンターへ届け出る決まりがあるので、復職に関する情報を手に入れているという人も多くいます。他にも、ブランクが空いてしまった分の知識をとり入れるために研修やセミナーなどが開催されているので、参加することによって復職の参考にすることが可能です。

さまざまなサービスの中でも特に活用したいのが、人材紹介会社です。看護師の人材紹介会社は、転職に便利というだけではありません。一度退職してしまった潜在看護師が、復職する時にも有効に活用できます。潜在看護師の場合は、転職を希望している人に比べ、ブランクが空いているというデメリットがあります。それに加え、出産や育児で休職していた場合、私生活に大きな変化があるので、看護師として復職する際に足かせとなってしまうことがあります。24時間赤ちゃんを見ていてくれる保育園はあるのか、その保育園は併設されているのか職場から近いのか、夜勤はあるのかなど気になる点がたくさんあるでしょう。それらを、看護師のための人材紹介会社へ登録する際に、あらかじめ入力しておくことで、働きやすい職場を見つけやすくなります。

看護師のための人材紹介会社のメリットは、求めている条件で復職先を探せるということだけではありません。登録料が無料であることも大きな魅力です。人材紹介会社は、厚生労働省の許可が必要とされています。それは、さまざまなサポートを無料で行うことが職業安定法によって決められているからです。また、看護師のための人材紹介会社で行われているサポート内容も豊富で、地域密着型の専門コンサルタントが、求人紹介のほかに、ブランクについての不安、育児や家庭と看護師の仕事を両立できるかという不安に寄り添って相談に乗ってくれたり、就労条件を交渉してくれたりします。さらに、面接の練習や日取りの設定、職場の雰囲気など気になることはすべて助けてくれますし、教えてくれます。そのうえ、大学病院や地方自治体で行われている研修やセミナーの紹介もしてくれるので安心でしょう。看護師として復職することに不安を感じる人は、人材紹介会社を活用することで、不安を拭い去ることができるのでオススメです。

人材紹介会社のデメリットは、「専門コンサルタントが無理に仕事を紹介してくる」といったことや、「復職を進める連絡が多くてイヤ」と感じてしまう人がいるということでしょう。しかし、これらは、登録時に先に「行きたい職場にしか行かない」ということや「復職はこの時期に決めているので、それ以外の連絡はいらない」といった先手を打つことで、看護師の人材紹介会社に対するデメリットを回避出来ますので、安心して利用できると考えて良いでしょう。

病院看護師以外の働き方や再就職

看護師として再就職する道は、病院勤務という道のみではありません。看護師資格を活用して、さまざまな仕事に就くことができます。例えば、産業看護師やツアーナースといった、旅行先や企業などで看護業務を行う仕事、保育園や製薬メーカー、医療機器メーカーなどもあります。他にも、学校の保健師や訪問看護、介護施設に再就職するという人もいます。ただ、介護施設の場合は、介護士同様、夜勤があることも考えられますし、学校の保健師は、保健師の資格がある人でもOKなので、狭き門となっています。

今後、団塊の世代が定年退職し、介護や診察を必要とする割合が増えると考えられています。そのため、在宅医療や介護施設での看護師の需要が極端に上がるでしょう。介護施設の場合は、先にも述べたように夜勤の可能性がありますが、訪問看護の場合は夜遅くの訪問は少ないと考えられるので、家庭と両立させやすいでしょう。

看護師の資格を活用して再就職出来る職種の中でも人気が高いのが、治験コーディネーターです。製薬会社と治験に参加する人の調整を主に行うのが仕事で、夜勤がないなど、メリットが多いのが理由となっています。

また、治験コーディネーターのメリットは、勤務時間が家庭との両立に向いているというだけではありません。医療業界は、日々、常識が変わっていきます。少しの休業でも、多少なりともブランクが空いてしまうのです。そのブランクを埋めるのに苦労している人も多いでしょう。しかし、治験コーディネーターへ再就職する場合は、看護師とは違うので、ブランクを埋めるための勉強の必要がなく、忙しい毎日を送る、子育て世代に向いている職種なのです。

ただし、治験コーディネーターに再就職する場合は、少し注意が必要です。治験コーディネーターを募集しているのは、病院やSMOです。病院へ就職する場合は、治験に参加する人の調整を行ったり、効果や副作用の説明の他に、通常の病院看護師としての業務を任される可能性もあります。なので、思っていたのと違うと感じてしまう場合もあるようです。治験コーディネーターとして就職するのなら、就職先の情報を先にキャッチする事が大切でしょう。

まとめ

看護師として復職するためには、潜在看護師を募集している職場を探すこと、ブランクをうまく埋めていくこと、条件に合った職場を見つけることが大切です。人材紹介会社や求人広告、病院のホームページなどを利用して、保育園が併設されているかや、勤務形態、待遇を調べることができます。今までに復職をしている先輩看護師は、研修やセミナーの日程を調べたり、基本的な知識を思い出すために看護学校時代の教科書や参考書で復習しているので、同じような手順で再就職を目指すのもオススメです。そして、再就職するのは病院だけとは限りません。夜勤や3交代制のない訪問看護や治験コーディネーターという方法もあります。自分の生活に合った再就職先を見つけられるように、人材紹介会社や研修、セミナーなどを有効活用していきましょう。

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

ナース人材バンク