一人の復職活動よりもサポートを受けるメリット

復職サポートを利用して良かった

看護師復職条件交渉

看護師として4年勤務した後で結婚し、離職しました。やっと仕事にも慣れてきた頃でしたので看護師を辞めることは随分考えましたが、今まで患者さんたちを支えてきた生活から、専業主婦として夫を支える生活に変えようと決意したのです。

幸い結婚後直ぐに子どもを授かり、育児と家のことで忙しく充実した毎日を送ることができ満足していました。

しかし結婚生活5年目に夫の女性問題が発覚し、離婚を考えたときに、自分に生活能力が無いことに気づきました。このままでは親権も取れないという不安でいっぱいになったのです。

そこで看護師として復職しようと思い、再就職先を探し始めました。

看護師として仕事を見つけることはそれほど難しくないと考えていたのですが、生活のこと、子どものこと、将来のことを考えて、希望する条件に合う職場はなかなか見つからず、見つかっても採用を断られたり、遠方で子育てと仕事の両立が難しいところしかなかったりで、なかなか決まりませんでした。

そんな状態のまま離婚に向けて復職活動を始めてあっとう間に半年が過ぎて、精神的にも辛くなっていた頃、看護師の転職や復職をサポートしてくれる人材紹介会社に相談してみました。

看護師の求人サイトがあることはもちろん知っていましたが、口コミや評判をネットで読むと、無理矢理入職を勧められたとか、しつこくされて迷惑だったとか、あなたの条件ではここしかありませんと協力的でなかったというのがあって、あまり信用していなかったのです。

ですからハローワークや看護師人材バンクを利用して求人をひとりで探し、面接を受けていたのですが、採用条件の交渉というか、こちらの希望を伝えても、なかなか快く承諾してもらえず時間ばかりが過ぎてしまいました。

初めて看護師の人材紹介会社に相談した際に、担当してくだっさったコンサルタントの女性は、「大変でしたね。でも安心してください。希望の条件に見合った病院を絶対見つけますから」と励ましてくださいました。

それから「離婚を考えておられるなら、ご実家の側で就職なさった方が子育てしながら働くためには良いのではありませんか?」と提案されました。

私もそれは考えていたのですが、住んでいたところから実家はかなり遠かったため面接に行くこともできなかったし、何より親権を取るためには働いている実績が必要だと考えていたので、近場で病院を探していました。

最終的には自宅から通えるエリアのクリニックを紹介してもらい就職したのですが、自分では思いつかなかったようなアイディアや、諦めていたようなことも提案してくださり、また、親身になって相談にのっていただいたのです。

採用していただいたクリニックは子どもの学校からも近く、院長先生や奥様、同僚の看護師たちの理解もいただいて働けています。

子どもは学校が終わると私の職場で宿題をやっています。

実は今働いているクリニック、看護師転職コンサルタントさんが飛び込みで営業してくれたところなのです。私の置かれている立場や希望条件を十分理解して力になってくれたんですね。

求人も出していなかったこのような職場は自分一人では見つけられなかったと思いますので、看護師の人材紹介会社のサポートを利用して良かったと思います。

働き始めてから半年後、元夫とは離婚が成立し、無事親権も取れました。

   

 - 体験

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

ナース人材バンク