指導体制と人間関係を知らずに復職して失敗しました

看護師 復職 失敗 指導体制 人間関係

看護師復職に失敗 指導体制 人間関係
私の復職失敗体験を紹介します。
看護師として勤続6年目に結婚、出産でそれまで勤めていた病院を離職しました。
その後二人子どもを授かり、専業主婦として三児の母として生活していたのですが、子どもの将来の教育費や住宅ローン、主人の親の老後などを考え、主人と相談した上で看護師として復職することにしたのです。

離職してから10年経っていましたので看護師としての職務や、最新の医療についても浦島太郎状態でしたので、不安の方が大きかったです。
しかしパートでスーパーやコンビニで働いたり、やったこともない事務のお仕事をすることを考えれば、6年間患者さんと接してきたキャリアと収入面において、やはり看護師として再就職することのメリットは大きいですし、やり甲斐も感じられると思い、復職活動をスタートしました。

元々勤めていた病院も地元ですし、離職後も地元で生活していましたので、元の病院に復職するという選択肢は残っていました。
ただ元同僚とは疎遠になっていましたし、人間関係で面倒な思いはしたくなかったので、心機一転、新しい勤め先で働く事を第一希望として、まずはハローワークで情報収集からスタート。主に行政が行っている潜在看護師の復職セミナーなどの情報を調べて参加し始めました。

座学でも実地でも、新しい医療設備や法律など私が現場にいた頃とは変わっている事が色々ありましたので、いきなり病院を探して入職しなくてよかったと心から思いました(笑

そうしていくつかのセミナーや講座を受講しているうちに、病院の関係者とも顔見知りになり、その中で勤務条件が希望に近いところに就職することにしたのです。

仕事の方は先輩看護師について、まずは慣れるところからスタートできるということでしたので、多少の不安はありましたが何とかなるだろうと思って働き始めました。

しかし入職してみて想像していたのと現実は違っていたというのをまざまざと体験!
本当に蓋を開けてみないとわからないものなのですねぇ。

まず、どこの病院でも看護師が十分足りているなんてことはないわけですが、その病院は正直足りなすぎました。特に中堅どころの人材が不足していたのです。ベテランと新人の間がいない感じといえばいいでしょうか。

ベテラン看護師はすでに在職している新人の指導をしていましたので、中途採用者が出ると指導の負担が大きくなり、十分カバーできていない状態でした。そのため6年のキャリアがある私は最初だけ一緒に病棟を回ってもらえたのですが、すぐに一人で患者さんを担当させられるようになってしまいました。

何年も現場から離れていたわけですから、点滴ひとつとっても不安な訳ですよ。これがものすごいプレッシャーで大きなストレスになりました。

次に問題だったのが職場の人間関係です。年代もキャリアも離れた看護師たちですから、当然仲のいいグループができているわけですよ。私は年齢的にもちょうどその中間でしたし、入職したてでしたので、なかなかどちらとも打ち解けられずにいました。
そのうちベテラン看護師グループから怒鳴られたり嫌味を言われるようになり、若手看護師たちからはなんだかんだと言って仕事を押し付けられるようになってしまいました。

私、もともと社交的な性格ではないため、こうした人間関係をうまくやれるタイプじゃないのです。人間関係もとても大きなストレスになったのです。

結局復職してから半年でその病院は退職させていただきました。精神的に疲弊して、体重が10キロも減ってしまい、家族にもとても心配をかけました。

この復職経験から学んだ事は、実際の病院の現場を確認することがいかに大切なのかということです。仕事の環境、人間関係、病院の方針などといったことは、いかに採用条件が良くても、面接で回答をいただいても、実際に見て感じてみないとわからないものです。

仕事面ではプリセプターではなくチームでサポートしてくれる環境が中途採用には向いていると思います。

それから働いている看護師の年齢やキャリア層の確認も大事ですね。中堅看護師が少ないのは女性のライフイベントから考えればどこの病院でも少なくなる傾向だとは思いますが、20代後半から40代前半までの看護師がいないのは、何かその病院に問題がある可能性が考えられます。

看護師の復職は、採用されることが目的ではなく、その後にしっかりと働き続けられることが大事なわけです。

最初の復職は大失敗でしたが、いい経験でもありました。病院の内情を事前にしっかりチェックして復職先を決めるという教訓を得ましたからw

もしこの私の体験を読んでくださっている方の中で、これから看護師として復帰しようと思っている方がいらっしゃいましたら、是非、私のような失敗はしないでくださいね。

自分で病院の内情を調べられないのでしたら、看護師専門の人材紹介会社に相談してみるといいですよ。地域の病院や医療情報を知り尽くしたコンサルタントさんがいますので。

その後の病院探しは、私も人材紹介会社を利用したので間違いありません。おすすめです。

良いご縁がありますように。

   

 - 体験

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

ナース人材バンク